占い師になる方法を徹底解説します!独学の方法は?資格は?稼ぐためには?

鑑定の最中にお客様から

「占い師になりたいけど、なれるでしょうか?」

という相談が多いので、占い師のなり方、稼ぎ方をまとめることにしました。

 

  • 占い師はどうやってなれるの?
  • 副業として占い師をやってみたい
  • 占い師一本で稼ぎたい

という方向けの内容になっています。

 

占い師の魅力

占い師は、会話ができて、人との出会いが好きな人ならば、誰でも可能な職業です。

年齢制限がありません。

自分の時間で仕事ができます。

 

主婦や子育て中でも、時間を気にせず自分の時間で仕事ができ、それなりの収入を得られます。

実際、介護をされている占い師も多かったりします。

 

鑑定料金、勤務時間、勤務日数など、何にも縛られることはありません。

自由度が高く、自分の目指している世界や表現方法で仕事をすることができます。

 

年を重ねるほど経験が増え、スキルが上がり、収益が伸びます。

 

自宅にいながらできる電話鑑定やチャット鑑定は、少しの時間でも待機可能なので、かなり魅力的です。

LINEやスカイプなどを利用して鑑定できるので、いつでも海外でも鑑定することができます。

 

いちど一通りの占いの勉強をすれば、流行りもないので、一度勉強し、習得してしまえば、一生使える知識となるでしょう。

そのため、たとえブランクがあったとしても、いつでも仕事に復帰することができます。

むしろ、しばらく占いを離れて人生経験を積むほうが、人としての感性の磨きがかかります。

 

たとえば、普通に会社勤務をしながら夜2時間だけ使って、月に4万円の副収入を得ている女性がいます。

 

占い師のメリットは、他にも在庫がない、人の悩みは尽きないのでニーズが多いということです。

在庫がないということは、仕入れなどの経費がかからない仕事です。

自宅で占いをすれば、賃料はかかりません。

 

通信費やタロットカード、メモをするノートなど、多少の費用は掛かりますが、モノを仕入れて販売することに比べれば、ほとんどリスクがありません。

つまり、利益率がかなり高い仕事になります。

 

人の数だけ悩みがあります。

恋愛や仕事、お金など、悩みがない人はいません。

 

お客さんがあなたの占いをしたあと、良かったと思ってもらえれば、リピーターとして何度もあなたの鑑定を受けてくれます。

そのようなお客様が何十人もいれば、平均して月に一度に鑑定を受けてくれるようになれば、安定的な収入になります。

 

悩みが解決したら次の悩みが出てきます。

人の悩みは尽きません。

悩みをなんとか解決したいという方は多いのです。

 

目指すのは、

  • 会社勤めの給料を占いで超える
  • 着実に知識と実績とファンを増やして、給料の倍を稼ぐ

 

占い師は当てなくてはいけません。

やはり当たっている部分が多いほうが信用されます。

 

でも、安心してください。

女性は、ちょっとだけ当たっているだけで、すごく感銘してくれます。

女性は感受性が高いからです。

 

占い師は、一生できる仕事だと思います。

年齢制限がなく、人生経験が豊富になるほど力量を上げることができます

年を重ねることを楽しみながら長く続けられる仕事です。

 

占い師は、ローリスク・ローリターンな仕事です。

 

まず占いの種類を覚えよう

東洋五術

命・卜・相・医・山のことです。

 

生まれ持った宿命を分析する占いです。

四柱推命、紫微斗数、算命学、九星気学、宿曜、0学、西洋占星術

 

選択したり指針を判断するときの占いです。

周易、断易、奇門遁甲、タロット

 

形から見た吉凶判断です。

手相、顔相、姓名判断、風水、家相、地相、字相

 

漢方、鍼灸、整体

 

心身の鍛錬や心理を探求する修行のことです。

気功、呼吸、瞑想、太極拳、ヨガ

 

四柱推命や紫微斗数では「個人の宿命」を読み取りますが、易では「これから起こる出来事」を占うことができます。

 

相・医・山には「気」という共通点もあります。

人の身体には経絡という気の通り道があって、そこから全身に巡ります。

人体に流れる経穴を「ツボ」と呼びます。

 

タロット

その時の状況に対する思い、願い、苦しみ

といった短期的な感情の動きがわかります。

 

当たるタロット占いのやり方とカードの種類・意味を解説します

2018.03.01

 

紫微斗数

生まれてきた意味や使命、そしてカルマまでも読み解ける「本格的な占星術」です。

とにかく具体的で、現実的に「当たる」

 

「数秘術+タロット」×「チャット+電話」

 

四柱推命

その人の持って生まれた気質、エネルギーバランスからくる行動、がズバリ的中します。

 

鑑定方法

  • 自宅開業
  • 商業施設やカフェ
  • 訪問鑑定
  • 電話鑑定
  • メール鑑定
  • ネット鑑定

 

チャットは数秘術、電話はタロット占いがおすすめです。

四柱推命や西洋占星術は性格は星を割り出すのに、時間がかかるため、お客様を待たせてしまいます。

電話占いは、時間で課金されるので、時間がかかると不満の原因になります。

 

チャットは月10~30万円くらい、電話は5万から70万円ほど稼げます。

 

半年で千人くらい観ることができます。

そうしたら今度は対面をやりましょう。

対面は、手相と占星術があると便利です。

 

勉強は稼いでから始めましょう。

難しい占いはプロになってから勉強すればよいのです。

 

まずはチャット占いから始めよう

働く女性が増加している時代だからこそ、恋愛だけでなく、仕事への悩みを抱える女性が増えています。

「対面占いや電話占いはちょっと不安」

「占いをして欲しいけど帰宅時間も遅いし忙しくて時間がない」

という女性は多いんです。

 

空いている時間や移動時間、寝る前など、

時間を選ばず好きなときに相談ができることがチャット占いの最大の魅力です。

スマホがあれば、LINE感覚でやり取りができ、支払いも簡単に決済できる手軽さは魅力的です。

 

決定的な違いは、「文字でコミュニケーションを取る」という点です。

 

文字に起こすため、鑑定履歴をいつでも読み返すことができます。

自分のペースで占いができます。

パソコンさえあれば、そこが仕事場です。

通勤時間も待機ノルマもなく、勤務時間は自分で決められ、仕事量を調節できるのが魅力です。

 

大切なことは、

・プロ意識を持ってお仕事に取り組めること

・一般常識があり

・言葉遣いを身に付けていること

・円滑な関係を保てること

・お客さんとスムーズに会話するチャットスピードがあること

・基本的なPCの操作

・登録の際に写真を用意できること

 

24時間いつでも仕事ができ待機のノルマはないのですが、稼ぎたいのであれば、週4日以上1日3時間以上待機するとよいでしょう。

長時間の待機ができるのであれば優遇されます。

 

チャット占いの客層は、18歳から30歳がメイン

ネット世代ですから、占いも手軽なものとして認識しています。

 

本名も顔を出さなくていいので、勤務先や友人にバレる心配はありません。

接客や人間関係が苦手でも大丈夫です。

 

1分いくらより、1文字いくらというアプリを推奨しています。

お客様を待たせてもクレームが来ないからです。

 

しかも、同時に複数のお客様を鑑定できるからです。

タイピングの速さが命です。

 

チャットや電話で占う場合は、タロットが必要不可欠です。

 

四柱推命からみたら他の占いはお遊びのようなものかもしれません。

しかし、相談者が望んでいることは、「いま目の前のちょっとした悩みからの解放」です。

 

1日4時間15日だけの拘束で、手取りが平均18万円。

バイトに行かなくてもいいし、家で待機しているだけで電話が頻繁にかかってきます。

 

電話占い

現在の占いの主流は、対面鑑定より電話鑑定です。

 

電話鑑定は、いますぐ鑑定を受けたいと思ったら、いつでもできます。

天気が悪くても、どんな格好でも大丈夫です。夜中でも鑑定してもらえます。

 

占い師も自宅を仕事場にすることができるので、メリットがあります。

通勤時間がかかりませんし、鑑定用の部屋を借りる賃料も必要ありません。

 

電話とネット環境があれば、自分の稼働したいタイミングで、自宅で仕事をすることができます。

 

電話占いは、お客様との会話がすべてです。

電話占いは、分単位で課金されていきますので、なるべく即答するのが好印象となります。

 

サクサクっと結果を出して、スラスラ伝えるほうが好ましいのです。

タロット占い、霊感占いが大活躍します。

西洋占星術や四柱推命は時間がかかるので、電話占いには向いていません。

 

タロットカードは、お客様には見えないので、出ているカードのうち重要なものをお伝えしながら会話していきます。

 

お客様との会話は、

・滑舌よく、聞き取りやすいレベルで少し早口に

・口調をなるべく優しくする

・逆に、わざと口調をきつくする

を心がけてください。

 

そして、鑑定が途中で終わらないように時間配分を調整します。

30分の鑑定時間なら、25分を過ぎたあたりでお客様の相談が解決していることが理想です。

残り5分で、聞いておきたいことや追加のアドバイスをするとよいでしょう。

 

電話占い業者の選び方

  • 個人の電話番号を公開せずに通話可能なのは、基本中の基本。
  • サポート体制。
  • スケジュールを週単位で提出できる
  • 日程調整がしやすく、空いた時間に当日でも待機できる
  • 長期休暇も臨機応変に対応してくれる
  • 高額料金の会社は避ける。
  • サイトが明るい印象のデザイン
  • 独占契約は避ける
  • ノルマがない会社

 

売れる、人気のある占い師になるためには

電話占いで稼ぐためには、

・占いの知識を増やす

・人の心理を考える

・空気や間を意識する

ことが大切です。

 

占い師に必要なのは「マインド」です。

経験値の低さが、自信をなくしていただけです。

実際にやってみて、お金を稼いでしまえば解消します。

 

稼げている人は皆さん明るいです。

それもかなり明るくて、辛い悩みを相談しても最後には元気をもらえるような話し方をします。

やはりお客さんは元気や癒しが欲しいわけですから、占い師が明るいというのは大切な要素です。

 

逆に稼げない人は、残念ながら暗い印象を与える人ですね。

 

毎日、お客様からネガティブなことを聞き続けると、占い師も疲弊します。

「相手の邪気をもらってしまって」などと思い込んでいる人も無理です。

占い師が辞める一番の原因は体調不良ですから、もし相手の気をもらってしまうなら根本的にやめたほうが身のためでしょう。

 

占い師は中立な姿勢が望ましく、お客様の話に肩入れしすぎると、心も疲弊し鑑定を続けるのがつらくなります。

 

「受ける体質」でなければ、電話占いはそうとう稼げるはずです。

メンター(指導者)を求めること、そして大切なのは、そのメンター(指導者)が、底抜けに明るい性格であること。間違いなく、これが肝心な要素です。

 

スピ系には、お金に対してブロックがある人がとても多いんです。

本当は好きなことで稼ぎたい。けど、自分なんかがお金をもらうのは申し訳なく感じてしまう。

これは起業したての女性に多い思考です。

 

五感をフル回転させる

これが占いの基本です。

初心者が占いの結果を外すのは、単純に占いの解説書を読み上げているだけだからです。

 

タロットだったらカードの意味を覚えなくていいのです。

カードが目に入ってきた瞬間、雰囲気を感じ取ることです。

 

もちろん、すべてが当たるとは限りませんが、相談者がうまく調整して解釈してくれます。

その人の本質を考慮して、現状の実態を見抜くのです。

 

プロの占い師というのは、まず外さないようにする。

当てるのではなく、外さない。

 

「なんとかして、相談者に幸せになってほしい」と考えるのがプロの占い師です。

自分の体調が悪い時や、悩み事があるとき、気が散ってしまうので、装用時は積極的に占わないようにしましょう。

 

占い師は伝え方が9割

占い師は誰でもなれますが、

  • 売れるか売れないか
  • 人気が出るか出ないか

は、「伝え方」の差なんです。

 

悪い結果が出たとき、どう伝えればいいか?

まず、大切なのは相手の頭の中を想像することです。

  • 要望を相手のメリットに置き換える
  • 嫌いなことを回避させる
  • 選択の自由(複数の選択肢を提示して、選ばせる)
  • 認められたい欲(相手を認めていることを伝える)
  • 共同体(自分も一緒に考えると伝える)

 

とにかく、売れる占い師は「伝え方」が洗練されています。

もし、自分の伝え方は未熟だと思うのであれば、売れている占い師の鑑定を受けまくってください。

 

勉強するよりも鑑定のほうがリーズナブルです。

最短で占い師デビューするための鉄則なのです。

 

占い師に必要なものは、資格ではなく、知識と知恵です。

 

占い師を仕事として続けていくのは、占いの技術や知識だけでなく、

  • 直観力
  • 解析力
  • 伝達力

などが必要になってきます。

 

幅広い知識を身に付ける

占い師によって、得意・不得意分野はあります。

恋愛に強い、仕事に強い、お金に強い、などいろいろあると思います。

 

もちろん、すべての分野を網羅できる占い師はいませんが、この分野は経験がないから分かりません、というのでは困ります。

恋愛なら、離婚や出産、子育て、など経験がなくても、一通りの基礎知識や世間的に話題になっていることについて、知っておくことは大切です。

 

定期的に自分を癒す

占い相談というのは、基本的に困っていることや悩んでいることが大半なので、会話の中身はどうしても暗くなります。

時には、相談者の期待に沿えない結果を伝えなければなりません。

仲には、愚痴を言ったり、感情的になる人もいます。

 

そのような鑑定が続くと、占い師自身も心身ともに疲弊していきます。

占い師が辞める原因は、こうしたお客様からのマイナスのエネルギーを受けて、疲れてしまうことです。

 

疲弊した状態で鑑定しても、直感が鈍ります。

結果的に、お客様にとって満足のいく鑑定ができなくなります。

 

占い師も人間なので、毎日完璧な状態でいられるわけではありません。

自分のコンディションが悪い時、気分的に占いをやりたくない時は、鑑定を休みましょう。

まずは、1週間くらい休むことを取り入れてみましょう。

 

占い師は、心身を犠牲にしてまで続けるものではありません。

自分で自分を癒す時間を作ることが大切です。

 

人が占いに求めること

いつの時代も人の悩みは変わりません。

  • 気になるあの人の気持ちが知りたい
  • 仕事がこのまま順調にいくのか知りたい
  • 人間関係を改善したい
  • 金運がどうなるのか知りたい

などです。

 

占いをする年齢層は、10代から60代まで幅広いですが、多い世代は30代40代の女性です。

この方たちに占いのニーズがあるのです。

 

しかし、ターゲットを30代40代の女性にすればいいかというとそうではありません。

それでは、あまりにも層が広すぎるからです。

 

独身もいれば、結婚している人もいます。

子供がいる人もいない人もいます。

バツイチもいます。

 

仕事は正社員もいれば、派遣の方、フリーランスもいます。

 

このように、一口に30代40代の女性といっても、環境は状況は様々です。

悩みも変わってきます。

 

占いを始めた最初の頃は、ターゲットを絞り込んで専門家として活動したほうがうまくいくでしょう。

老若男女、どんな悩みでも鑑定できますよ、というような何でも屋みたいな占い師より、恋愛の占いスペシャリストとしてブランディングしたほうが、お客様からの信頼性も上がります。

 

絞り込んだらお客様の数も減るんじゃないかと思うかもしれませんが、実際は逆に増えます。

例えば、「恋愛のタロット占い」と絞り込むことで、占いと恋愛に関する知識をより深く追求することができるため、何でも屋の占い師に比べて、より専門的な鑑定をすることができます。

 

そうすることで、恋愛のタロット占いをしてもらうなら、あなたというような評判になります。

まずは、ターゲットを絞り込むことが大切です。

 

もちろん、実績を積んだらどんどん占術や悩みの分野を広げていくこともできるでしょう。

 

占い師は変化を提案している

提案には、ある共通点があります。

それは「現状を変えるための行動」という点。

つまり「変化すること」を提案しているわけです。

 

みんな「できない理由」を探してしまうんですよね。

  • やったことがない
  • 自信がない
  • よくわからない
  • お金がもったいない
  • 時間がない
  • 余裕がない

 

占い師は、相談者の時間に対する概念を根本から見直します。

そして気付かせるのです。

変化することの重要性を。

 

人を説得したり、諭したりするときは、相手の性格などを考えて、その人にふさわしい方法で説明をしない。

だれかに何かを理解してもらうには、相手の尺度に合わせてわかるように話をするべきです。

 

五感をフル回転させるほど、占いはよく当たる

占いは完璧ではありません。

はずれることもあります。

占いで当てるには、五感をフル回転させねばならないので、ストレスや悩みがあったり集中力がないときなどは、五感を邪魔してしまうのです。

 

初心者がタロットを引いて結果をはずすのは、単純にカードの解説書を読んでしまっているからです。

ちょっとピントのずれた答えを、あえて出してもいいのです。

相手がその言葉に合わせて解釈する場合もあるからです。

 

タロットでは、そのときの状況に対する思い、願い、苦しみ、といった短期的な感情の動きが分かります。

紫微斗数の場合、その人の感情や心理面の欲求、そこから生まれた才能や、人間関係の組み合わせなどが面白いように判断できます。

 

つまり、占いでわかることは、その人の思考と行動であって、結果ではないということです。

ただやみくもに「結果を当てよう」とする占いは、さほど価値がないのです。

 

なぜなら結果とは、本人の意思が基本となり、行動と環境とタイミングによってもたらされるものだからです。

 

占いは、その結果以上に対応策が重要です。

困難のない人生というのはないのですから、厳しい結果が出ることもあります。

 

その時期をどう乗り越えるべきか、的確にアドバイスできることが問われるわけです。

アドバイスは占い師の力量に差が出る領域です。

経験を積むほど、占うこと自体は難しくなくなるものです。

 

アドバイスをするときに、「絶対に〇〇しなければならない」という言い方をしてはダメです。

いろんな選択肢の中から、これがいいと思います、という言い方で伝えます。

方法は一つではないし、それが絶対ということはないからです。

 

また、占い師はアドバイスをすることができますが、最終的に選択するのはお客様です。

あくまで、現在の状況から最善の選択肢を提案するだけです。

時間が経ち、状況が変われば、選択肢も変わってきます。

占い師は、お客様の選択をサポートするのが役割です。

 

倫理的に良くないことに悩んでいる場合

世の中には、思った以上に不倫をされている方は多く、占いの中でも不倫相談はトップ3に入ります。

 

不倫相談といっても

  • 独身女性が既婚の男性を好きになった
  • 旦那の不倫に悩んでいる
  • 奥さんと別れて不倫相手と一緒になりたい

と様々です。

 

不倫は世の中的には良くないこととされているため、友人や両親にも相談できず悩んでいます。

相談できるのは占い師しかいない、という場合が非常に多いです。

 

この場合、方向性が2つに分かれます。

  1. 不倫はよくないから、やめた方がいい
  2. 不倫はよくないが、あなたを応援します

 

不倫を否定すれば、そのお客様は二度と来ないでしょう。

肯定すれば、この占い師はあなたの味方だと思うでしょう。

そうなれば、次はどうやったら既婚男性と結婚できるのか?という相談につながり、リピーターになるでしょう。

 

不倫はよくないとお客様も分かっています。

しかし、それを頭ごなしに否定してしまうと、お客様の悩みの解決にはなりません。

 

まずは、お客様を応援しています、という姿勢を見せることが大切です。

そうすると、お客様もあなたを信頼して本当の心の声を聴くことができます。

 

お客様の心を受け止めてから、不倫の良くない点を説明すると、お客様も受け入れてくれやすいでしょう。

そうなると、不倫をやめて、違う未来をつくることが目的になります。

 

ポイントは、占い師がこうするべき、と判断しないことです。

経緯や想いは人それぞれだからです。

 

ネガティブなことばっかり言っている場合

お客様の中には、不平不満や愚痴を延々と言い続ける方もいます。

仕事のこと、夫のこと、姑のこと、近所づきあいなど、さまざまです。

 

どんな内容であっても、ネガティブなことを最後まで聞くことが大切です。

普段のストレスから愚痴を言わないと気が済まない方がいます。

言い切ってしまうと、スッキリして、聞いてもらって感謝されることもあります。

 

決して、話の途中で「愚痴を言ってもしょうがない」などと言ってはいけません。

自分の言った愚痴が否定されたと思い、感情的になります。

お客様は、占い師に自分の愚痴を同意してほしいという欲求があります。

 

根気よく、最後まで聞く、そして、お客様の気持ちを肯定することが大切です。

 

占い師のブランディングをしよう

占い師を始めるには、集客をしなければなりません。

サイトやブログ、SNSを活用して集客する必要があります。

 

まずは、自分のコンセプトがお客様に一瞬で分かるようにする必要があります。

コンセプトや自分自身のウリを明確にして、サイトやSNSで表現していくことが大事です。

 

プロフィールを設定する

まずは、占い師の名前とサイトの名前を決めます。

占い師っぽいと思われる名前が好ましいでしょう。

 

姓名判断

  • 読める
  • 覚えやすい
  • ありきたりな名前は避ける
  • 専門の占いがイメージできる
  • 永続的に使える

 

「なぜあなたが占い師をやるのか」という理由を話したほうが、人は共感しやすいのです。

やる理由が、記憶と感情を動かすレベルであることは、圧倒的な成果を達成するために重要なポイントなのです。

 

「あなたは誰のための自分なのか?」を考えて、理想の1人の相談者を落とし込むのです。

  • 女性、男性
  • 結婚、独身
  • 子ども
  • 年収
  • 悩み

あなたの相談者を1人だけ書き出します。

 

ネットや書籍から、お客さんの心をわくわくさせる言葉を集めてみてください。

 

フォトスタジオはきれいな写真を撮るというだけでなく、第三者への信頼性を表す役割にもなります。

もっとも重要なのは服装の選択です。

 

体全体のバランスを考えて服装を選ぶことです。

顔と名前、そして占いのジャンルに合った服装にすることが大切です。

服の色合いはなるべく濃い目で、無地よりも大きめの柄物を選びましょう。

アクセサリーは大振りのデザインをセレクトします。

 

ネットで情報発信

占い師で集客するのであれば、サイトやブログ、SNSをやらない理由はありません。

 

サイトは、占い師としての顔になります。

占い師のプロフィールやどのような鑑定を行うのか、料金や支払い方法など、お客様にとって必要な情報を表示します。

 

ブログは不特定多数の人に、たくさんの情報を発信することができる個人メディアです。

サイトが簡潔に情報を掲載するのに対して、ブログは占い師の鑑定に対する想いや日々の活動などを表現するのに適しています。

ただし、日常や雑記ばかりだと魅力を伝えきれないので、占い8割、日常2割が良いでしょう。

 

SNSは人と人をつなぎ、コミュニケーションを楽しむためのサービスです。

 

  • ブログはストック型メディア
  • SNSはフロー型メディア

という特性の違いがあります。

 

ブログに投稿した記事は、ネット上にずっと残ります。

記事が蓄積されるのです。

数年前に書いた記事でも、需要があれば、何度でも読み返されます。

記事の数を積み重ねるほど、資産となるわけです。

これがブログの強みです。

 

SNSは、一瞬の拡散力が強みです。

シェアやリツイートの機能によって、友達の友達へ拡散されます。

 

  • ブログで良質な記事を積み上げ、検索アクセスを増やす
  • Twitterで口コミを起こし、アクセスを増やす
  • Facebookでコミュニケーションし、関係性を深める

 

とにかく最初は「しぼる」ことが大切です。

あれもこれもやっていると中途半端になるので、どれかで集中的に毎日やること。

はじめは、一点集中が成功の秘訣なのです。

 

占い師の理想は、営業を不要にすることです。

 

占い師を始める前に準備・決めておくべきこと

どんな占術で、どんなターゲットに占いをするのか、また占い師のブランディングの他に決めておくべきことがあります。

 

鑑定時間

占いは自分の好きな時間にできることが魅力ですが、鑑定時間をいつ行うのか、おおよその時間帯を決めましょう。

お客様からすれば、あらかじめ時間帯が決まっていると、リピーターになってくれます。

 

いつでもOKという占い師もいますが、自分の心身のコンディションを保つためにもおすすめしません。

 

これまでの経験から、予約制はあまり集客ができません。

お客様は今すぐ鑑定してほしいという人が大半です。

明日明後日などの鑑定では待てない人が多いのです。

 

リアルタイムだとお客様が占ってほしい時にできるので、集客もしやすくなります。

自分の稼働時間をサイトやブログに掲載しておくとよいでしょう。

 

一般的に、占いは夜の時間帯の方がお客様は多いです。

 

曜日によってもお客様の依頼は変わります。

平日は、旦那がいない間に鑑定したい主婦の方や土日勤務で平日がお休みの方が多いです。

土日は、平日勤務している会社員の方が多いです。

 

鑑定部屋

大半の方が、自宅で鑑定を行うことになると思います。

鑑定する部屋は、机が置けて、窓がある、静かな部屋が良いです。

 

電話鑑定の場合、外の車の音や近所の声が入らない部屋で鑑定するようにしましょう。

また、会話が途切れたりすることのないよう電波環境がよいことも重要です。

 

窓があるのも大切です。

ネガティブな話が続いたら、窓を開け、空気を入れ替えましょう。

 

机の上には、鑑定道具やメモがあると便利です。

タロット占いの場合は、タロットとタロットを回せるだけの広さの机が必要です。

 

料金設定

鑑定料をいくらにするのかというのは、悩ましい問題です。

電話鑑定の相場としては、20分2,000円から4,000円くらいです。

 

料金はメニュー化するとお客様にとって選びやすくなります。

20分、30分、40分、60分など時間で設定し、時間が長くなるにつれて、1分当たりの料金を少し安く設定するとお得感が出ます。

 

あまり鑑定料を上げたり下げたりすると信用を失うので、一度決めたらしばらくその鑑定料でやるつもりで設定しましょう。

 

無料鑑定

どんなベテランの占い師も最初は初心者です。

自分の鑑定が通用するのだろうか、うまく会話できるのだろうか、お金をもらってもいいのだろうか、などいろいろ不安が出てくるものです。

 

始めて鑑定をする方は、期間限定で無料鑑定を行うことをおすすめします。

これまで経験がないのにお金をもらうことに抵抗がある場合や、占いを勉強中の方は無料鑑定で経験を積みましょう。

 

無料鑑定は、自分のサイトやブログ、SNSで告知をします。

無料なので、15分から20分くらいで大丈夫です。

無料だと応募が殺到することもあるので、1日数名などの制限を明記しましょう。

 

無料だからと手を抜かず、お金をもらっているつもりで鑑定しましょう。

それが、勉強になり、いい経験になります。

 

鑑定後にお客様から感想をもらい、個人情報は伏せてサイトやブログに「お客様の声」として掲載すると、あなたへの信頼性も増します。

お客様の声を見て、鑑定を受けたい人もいるので、充実させたい重要なコンテンツです。

 

リピート客

占い師の仕事は、リピートしてくれるお客様の数で収入の安定度が決まります。

新規のお客様を集客するより、リピートの方に継続的に来ていただく方が労力が少なくて済みます。

 

お客様のことを覚えておくということが、重要です。

多くのお客様を鑑定していると、お客様や相談内容が混在して分からなくなってしまいます。

 

そのためにも、お客様との会話は、できるだけメモを取りながら鑑定します。

メモには、日付や相談内容、鑑定結果を書きます。

 

毎月鑑定しているお客様なら記憶に残っていますが、数カ月や半年に一度鑑定に来られる方の記憶は薄れやすくなるものです。

しかし、お客様は前回の鑑定結果を覚えていることが多いです。

全く記憶にない、という状況だけは避けなければなりません。

 

お客様のことを覚えている、鑑定内容にブレがない、丁寧なコミュニケーション、そういう対応ができていればお客様も鑑定結果に納得し、リピーターになってくれます。

 

最初の鑑定は、相性がいいかどうか、会話をしながら様子見をする感じもありますが、気ごころを知れたリピーターになると、相談内容も多岐に渡ります。

リピーターさんが占い師を信頼するようになると、こんなことは聞きづらいだろうなと躊躇するようなことも、聞いてくれるようになります。

 

クレーム対応のポイント

  • 感情的にならない
  • 相手の話を聞いて反論しない
  • 相談者に共感する、理解を示す
  • 話のポイントを復唱して聞いていることをアピールする
  • できることとできないことをはっきりさせる

 

インチキと言われないためには

  • はずれたと言われても焦らない
  • 相談者を依存性に導こうとしない
  • 霊感だけじゃなく四柱推命や占星術も勉強する

 

いやなお客様はお断りする

人間はすべての人と相性がいいとは限りません。

お客様の中にも、どうしても相性が合わないと感じ方がいるでしょう。

 

ある程度のことは我慢できるかもしれませんが、あなたの基準での限度を超えたら、次回以降は鑑定をお断りしてください。

いやなお客様と接することで、あなたのエネルギーが失われますし、相性が悪い方とはどのように頑張っても受け入れてくれないこともあります。

 

お互い感情と時間の無駄になります。

お金のために、限度以上の我慢をする必要はありません。

 

占いを学ぶ方法

  • 占い師として活躍している先生のもとで勉強する
  • 占い教室に通う
  • 独学で学ぶ

 

今後のビジネスの展開

  • イベント出演
  • テレビ・ラジオ出演
  • 本やコラムなどの執筆
  • 占術講師
  • 占い関連商品の販売

 

さいごに

占い師になってよかったと思うこと。

出会えてよかったといっていただけること。

様々な生き方を目の当たりにできることです。

人々が自分の人生に真剣に向き合う姿には、いつも感銘を受けます。