パワーストーンの選び方や浄化方法など基礎知識について解説します

水晶

パワーストーンは、地球の中で何万年と育まれました。

その間に、大地、宇宙、精霊のパワーが石にやどり、パワーストーンとなっています。

 

パワーストーンは、特有の波動を放っていて、その波動が人のオーラに入り、エネルギーのバランスを調整してくれます。

オーラの波動を調整して、心身の状態をよくするドクターなのです。

 

パワーストーンには大きく2種類

ひとつは、水晶です。

 

ポピュラーな透明の水晶、紫のアメジスト水晶、黄色のシトリン水晶、ピンク色のローズ水晶など、種類は豊富で、色別に細分化されています。

色ごとに特徴や個性があり、目的に応じて使い分けます。

 

もう一つは、カラーストーン色石です。

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、トパーズ、トルマリンなど数えきれない種類があります。

現在も新しいパワーストーンが発見されています。

 

色石は、かなり個性的な効能をそれぞれの石が持っています。

自分の求める効能をもったカラーストーンがどれかを見極め、適切に選ぶことが大切です。

 

自分にぴったりのパワーストーンを選ぶ方法

目的や願望にあわせて選ぶ

パワーストーンを使って人生をよりよくするためには、自分にとって適切なパワーストーンを選ぶことが重要です。

 

パワーストーンにはそれぞれ個性や特徴があり、人にどのような効果をもたらすかは、パワーストーンの種類によって様々です。

自分の解決したい悩みや発展させたいことがはっきりしているなら、それに適したものを選びましょう。

 

パワーストーンは、何万年もかけて地中に生まれてから発掘されました。

同じ種類のパワーストーンでも、全く同じパワーストーンは存在しません。

世界でたった一つのオンリーワンなのです。

 

人も世界でたった一人のオンリーワンの存在です。

そして、人間関係の相性も大切なように、パワーストーンと人とのマッチングも相性が大切です。

 

パワーストーン選びは直感を大切にしてください。

パワーストーンがあなたのもとに行き、あなたの人生のよりよい引き寄せを起こしたいときは、パワーストーンから伝えようとします。

 

パワーストーンを見たり、触れた時に、なぜだか分からないけど、ワクワクしたり、身に付けたくなったら、それはパワーストーンからのメッセージかもしれません。

パワーストーンを選ぶときは、ピンときたら、その感覚を大切にしてください。

 

人の左手は直感を通じて得られるメッセージの受信機として機能します。

パワーストーンを左手に乗せて、そのパワーストーンからの感覚を感じて選ぶことをおすすめします。

 

そのパワーストーンがあなたにとって効果的なら、左手から強い反応を感じます。

どのような反応かは、人によったり、パワーストーンによりますが、

  • ビリビリする
  • 胸がドキドキする
  • ワクワクする
  • 手のひらがじんわり熱くなる

など様々です。

 

反対に、そのパワーストーンを選んでも効果がない場合は、手のひらに乗せてもほとんど感覚がありません。

自分のエネルギーと共鳴するパワーストーンのエネルギーを感じることが、重要な選び方です。

 

ペンジュラムを使ったパワーストーンの選び方

ペンジュラムとは、チェーンなどの先に水晶などの天然石がついた、振り込状のツールです。

パワーストーンなどがあなたにとって相性がよいものかどうか、YesかNoの反応で伝えてくれます。

 

ペンジュラムは、宇宙と共鳴した潜在意識があなたに伝えようとしていることを教えてくれます。

宇宙にある正解を探し出すツールとして知られています。

 

パワーストーンやペンダント、ブレスレットが自分と相性がいいかどうかを調べるには、その上にペンジュラムをかざしてみます。

ペンジュラムがどのように動くのか観察しましょう。

 

そのパワーストーンが自分の幸せに役立つ場合は、イエスの反応で動き、ほかにもっとよいパワーストーンがある場合はノーの反応を示します。

 

ペンジュラムがイエスやノーの時、どんな反応をするのかを確認するために、簡単な質問をします。

たとえば、「私は女性です」、「私の名前は〇〇です」といった、答えが明らかな質問をして、ペンジュラムの反応を見ましょう。

こうすることで、ペンジュラムの反応の動きを確認します。

 

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンは日々邪気を吸収することでパワーが弱まってきます。

表面の輝きが薄れたり、曇ったようになることがしばしばあります。

これは、パワーストーンがあなたのために一生懸命働いてくれた証拠なのですが、効力は通常よりも落ちています。

 

汚れを取り、充電するためにも週に1回は浄化することが大切です。

浄化することで、パワーストーンのエネルギーをリセットすることができます。

その浄化方法をまとめました。

 

日光浴による浄化

パワーストーンを朝の太陽光に当てることでパワーの補充ができます。

太陽光には強い浄化作用があります。

 

数時間直射日光に当てるだけで、パワーストーンにこもるネガティブなエネルギーを解放することができます。

同時に太陽が持つ、ポジティブなエネルギーを吸収されます。

 

簡単ですが、とても強力な浄化方法です。

 

月光浴による浄化

新月から満月に向かう時期が特に適しています。

直接、月の光に当てなくても、窓際に置くだけでも浄化効果があります。

 

水晶クラスターによる浄化

水晶クラスターの周辺に置くことでパワーストーンをリフレッシュします。

クラスターとは、小さな水晶ポイントの集合体で、高い波動を発しています。

 

効力が落ちてきたパワーストーンのネガティブなエネルギーを排出し、良いエネルギーをチャージします。

ブレスレットやペンダントなど、使用したパワーストーンを水晶クラスターの上に乗せて、一晩ゆっくり寝かせましょう。

十分な浄化をすることができます。

 

流水による浄化

水で邪気を洗い流す方法です。

パワーストーンと水は相性がいいので、パワーストーンにとってとても心地がよい浄化方法です。

 

清らかな湧き水やミネラルウォーターがベストですが、水道水でも十分です。

パワーストーンのエネルギーがクリアになり、輝きを取り戻したと感じるまで、じっくり水で洗い流しましょう。

 

ただし、セレナイトなど水によってダメージを受けるパワーストーンもあるので、確認しましょう。

 

流水で浄化した後に、水気を切って日光浴や月光浴で浄化します。

 

セージによる浄化

セージは、ネイティブアメリカンが伝統的な儀式で使用していたことで知られる神聖なハーブです。

セージの煙には、ネガティブなエネルギーを清め、取り除く働きがあるので、パワーストーンにセージをいぶして、煙をたっぷり浴びせます。

 

パワーストーンが、クリアになったという感覚が生じるまで、セージにいぶし続けましょう。

火を扱うので、安全には十分配慮してください。

 

香りによる浄化

お香の煙に当てたり、アロマポットにかざして香りに浸します。

 

塩による浄化

強い邪気を浄化するときに行います。

流水浄化が可能なら塩水に一晩つけておきます。

水が合わない石は、盛り塩の上に直接置くか、天然素材の布や紙を塩の上に置きます。

 

植物による浄化

観葉植物や花のそばにパワーストーンを置くと、植物のエネルギーで石の生気を充電します。

石の力によって植物も元気になります。