モノを捨てれば捨てるほど運気が上がる!モノの捨て方

運を良くしたい・チャンスがほしいと思うならまずモノを捨てることから始めましょう。

モノを捨てれば捨てるほど、仕事やお金、人脈や情報、出会いや恋愛、健康などすべてを手に入れることができます。

 

モノを捨てられないのは過去に執着していることなので、新しい未来はやってきません。

未来をより良く変えたいのであれば、過去の執着を手放す必要があります。

 

また、物が少なくなればなるほど、空間が広くなり、掃除もしやすくなるので心地よい空間になります。

心地よさを感じられる空間からは、自分が思っている以上に良い運気を呼び寄せることができます。

 

部屋の換気を良くすることで良い「気」が入ってきます。

物が少なくスッキリした空間だと「気」の流れがよくなります。

 

運気を上げるために最初にやるべきことは、掃除するよりも、開運アイテムを置くことよりも、パワースポットに行くよりも、モノを捨てることです。

これに勝るものはありません。

 

もし、「モノを捨てる時間がない」「やる気が起きない」という場合は、買い取り業者を呼んでください。

1度業者を呼んで徹底的にモノを捨てて、リセットして空間をきれいな状態にしましょう。

そうすると、あとはその空間を保つだけです。

 

ため込み体質の人は『悪運』もため込む

空間に不用なものをため込む人は、悪運をため込む性質のある人です。

風水では、『古いものには縁がつかない』とされます。

 

古いものや使わないものをとっておくと家の空気が陰に傾き、運勢をダウンさせてしまいます。

そういう人は、自分自身の運気をより悪い方向に向かいます。

 

悪運をため込まない運の良い人になるには、まず空間にある不用なものを処分すること。

ものを捨てることによって、運気の毒素を排出することができ、悪運をリセットできます。

 

この先も使う可能性のないものは、思い切って捨てること。

ただし先祖代々受け継がれてきたものや、大切な形見は受け継ぐことに意味があるのでむやみに捨てないこと。

 

あと、物にはそれぞれ捨て方があり、捨て方によっては捨てたものとの縁がいつまでも切れないことがあります。

 

古い衣類、人形の整理で「縁」の運気アップ

風水では、布は『縁』の運をもっています。

袖を通さない衣類をたくさんとっておくことは、古い縁をため込むことになり、新しい出会いを遠ざける大きな原因になってしまいます。

 

また、人形やぬいぐるみはその部屋の住人とともに運気を吸収します。

気に入ったぬいぐるみを数体に絞って、あまりたくさん飾らないようにするのが良いでしょう。

 

新しい出会いは、空間の滞りを改善した時に生じやすいです。

掃除をして部屋の汚れを取り除いたり、不用なものを捨てることは、その分だけ新しいチャンスや出会いを呼び込むことにつながります。

 

衣類の捨て方

流行遅れの衣類や、もう着なくなった服をいつまでもとっておくと、出会い運・発展運がダウンします。

1年以上着てない洋服は処分しましょう。

 

捨て方は普通に捨てて良いですが、布に臭いがが付くと出会い運が悪くなるので、生ゴミなどとは別に分けましょう。

一緒に捨てて良いのは、紙のゴミだけです。

 

下着の捨て方

ボロボロの下着をとっておくと出会い運に悪影響が出ます。

着古したと思うものは捨てるようにしましょう。

下着は1年経ったら買い替えることをおすすめします。

 

捨てる時は他のゴミの臭いが付かないように、紙などに包んでから捨てること。

プラスティックやビニール製の袋に入れるのはNG。

 

また、吉方位の旅先で捨ててくるのも良いでしょう。

紙袋に入れて、旅館のゴミ箱に捨ててくると、その下着が橋渡しとなってその土地の運気を運んできてくれます。

 

人形・ぬいぐるみの捨て方

人形やぬいぐるみは、顔を汚さずに捨てることが大切です。

和紙や布などの通気性が良い天然素材のもので顔をくるんで捨てるといいでしょう。

捨てる時に顔が汚れると、持ち主の容姿に悪影響が出てしまいます。

 

もし顔が汚れているなら、その汚れを拭うか洗ってから。

髪の長い人形は、気がこもりやすい髪の毛を結んでから。

捨てる時は他のゴミとは別にして紙袋などに入れ、ゴミの臭いがつかない場所に捨てるといいでしょう。

 

財布の捨て方

金の気を持つ財布は3年を目安に取り替えたほうがいいでしょう。

捨てる時は、水辺に捨てるのが鉄則です。

水辺に捨てることで金運アップにつながります。

 

吉方位に出かけた時に川や噴水、湖水などの近くのゴミ箱に捨てるのがベスト。

ただし、むき出しで捨てるのはNG。

 

エナメルのようなツルツルした素材の黒っぽい紙袋に入れて、中身が見えないようにして捨てるように。

普通のゴミとして捨てる場合は、雨の日に捨てるといいでしょう。

 

贈り物の捨て方

贈り物には、それをくれた人の「気」がこもっています。

なので、嫌いな人からもらったものは使わずに捨てたほうがいいでしょう。

 

この場合は、捨てる時の天気が重要です。

必ず陽気が強い、太陽が出ている時に捨てるようにすること。

 

陶器などは一度割ってから、紙に包んでほかのゴミとは別に捨てる。

もらった人の気を徹底的に払いたいなら太陽にあてて浄化をしてから捨てるといいでしょう。

 

引出物の捨て方

引出物には送り主の「気」が宿っています。

結婚式などのおめでたい席でいただいた引出物は、できるだけ使った方がいいでしょう。

 

しかし、使わないものや趣味に合わないものなら、誰かにあげるかそのまま捨てても問題ありません。

その二人が離婚してしまった場合は、処分したほうがいいでしょう。

 

あと、すぐに処分したほうがいいのは、お葬式などの悲しみがこもっているもの。

使用する場合は、タオルなら、糸を一本抜いてから。

お茶なら、ひとさじ分ほど家の外に捨ててから。

使用しないですむなら、捨てたほうが無難です。

 

宝石の捨て方

宝石や貴金属類は必ず浄化をしてから捨てるようにしてください。

 

浄化法は、

  • 捨てるジュエリーを午前中の日光にしばらくあてた後、塩をひとつかみ入れた水につける。
  • 白壇やひのきの香りのお香か線香の煙をあてる。

のどちらでもいいです。

 

捨てる時は吉方位の川や湖などの淡水に流すといいでしょう。

その土地の運気をもらうことができます。

 

結婚運に影響が出るインテリア雑貨

こだわりや季節感のないインテリア雑貨をいつまでも使っている人は、部屋が片付かないだけでなく、結婚の運気を逃してしまうことになります。

その上、この先の家庭運にも悪い影響がでてしまうでしょう。

 

家の中に、いつからそこにあったのか、誰が買ったのか分からない雑貨をいくつも部屋に置くと、空間のよどみが増えてしまいます。

そういう雑貨は思い切って処分を。

 

また、冬なのに夏の雑貨など季節感のないものを置くと『時』の運を逃し、チャンスの弱い人間になってしまいます。

 

不用な手紙は『出会い』を遠ざける

郵便物をそのつど整理できる人とできない人では、出会いの運に大きな差が生じます。

いらない紙ごみをきちんと見切って、処分できるかどうかで出会いの運気は変わります。

不用な郵便物はため込まないように。

 

いらない箱・容器をためると家の運気を落とす

お菓子の入っていた容器や空き箱を、何かに使えそうだとずっととっておくと、家の運気を下げることになってしまいます。

中に本体のない空箱は、『魂のないもの』と考えます。

 

さらに、プラスチック製の箱はよくない『火』の気が強いので、気に入った箱でもすぐ処分をしたほうがいいでしょう。

 

金運に影響するキッチンの食材

肉をムダにすると、『お金を貯められない人になる』

野菜をムダにすると、『発展運・若さが失われ、病気を誘発することもある』

古い乾物をため込むと、『行動力がダウンしていまう』

古いオイルをとっておくと、『金運を下げる』

 

あと、古くなり固まった調味料は、キッチンにたまった悪いよどんだ気を吸ってしまい、使うと体に取り込むことになり、絶対使わず処分してください。

ハーブやスパイスなど、インテリアだけとして飾っている場合も処分したほうがいいでしょう。

食材やオイルは、新鮮なときに使い切るようにしよう。

 

家の主人が『北西』の方位を掃除すると開運に

風水では、その空間を掃除した人に、その空間のもつ運がついてくると考えます。

 

『北西』は主人の方位。

だから、家の主人が掃除をすることによって運が良くなります。

 

あと、北西方位に限らず、家の主人が水まわりの掃除をすると、金運アップに。

風水では『水』は金運を増やしてくれるものと考えます。

水まわりの掃除は、お金を増やし、愛情を増やしてくれる働きがあります。

忙しくても、水まわりだけは清潔に。

金運アップしたいなら、最低月に一度は、主人にトイレ・お風呂の掃除してもらいましょう。

 

また、主人の運を上げるのに大切なのは玄関の掃除。

週に一度は、水拭きするのが良いでしょう。