ホロスコープのハウス

ハウス

ホロスコープは中央から放射線状に線が引かれ、12のエリアに分かれています。

これを西洋占星術では、ハウスと呼んでいます。

 

サインは、12の星座がその人の内面的な傾向や資質、可能性などを表すのに対し、ハウスはそれらが具体的に人生の中のどのような場面で顕在化するかを表しています。

西洋占星術では惑星を「役者」、ハウスは「舞台」と言われています。

 

ホロスコープの

  • 左側にASC(アセンダント)…東の地平線
  • 右側にDES(ディセンダント)…西の地平線
  • 上方にMC…南中点
  • 下方にIC…南中点の向かい側

があります。

 

アセンダントがどの星座に属しているかにより、外見や身体的な特徴、第一印象に変化が表れます。

その人が人生を生き抜く上で必要なイメージです。

 

ディセンダントは、自分と相対するもの、パートナーについて教えてくれます。

結婚相手や仕事上の相棒、ライバルになるような人物を表します。

 

MCは、人生の中で到達すべき、最高の地点と解釈します。

社会との関わりの中で、あなたの天命とも言えるでしょう。

社会的にどのような活動をし、どんなことを成し遂げるかについてうかがい知ることができます。

 

ICは、その人の根となる部分を表しています。

その人を支える価値観や居心地がいいと感じられる環境などがわかります。

 

1ハウス

「自分」自我がある場所です。

自分の動機を行動に移す局面。

基本的なパーソナリティや人生、外見、体質などを示すハウスです。

人生において何を重視し、どんな行動で世に出ようとしているのかについて見ることができます。

 

2ハウス

「自分保持」

金銭、経済の問題を扱うハウスです。

行動に表した動機が生む効果を実感する場面。

その人の収入の得る方法や金運全般、所有欲について見ることができます。

 

3ハウス

「新しい体験」

知能や好奇心、素質がどのような方向に向かうのかを示す場所です。

周囲の状況を認識し、知的な情報を収集する場面。

利用するべきスキルや対人関係を見ることができます。

 

4ハウス

「家」

その人にとっての足元、土台となる部分を扱います。

自分が属する集団との関係を深めていく場面。

家庭環境や住居、両親との関係やどのような影響を与えたか、晩年の運勢を見ることができます。

 

5ハウス

「個人の可能性」

人生における歓喜を表すハウスです。

自分の独特さを表現する場面。

恋愛、娯楽、レジャー、また子供に関する事項、芸術的な創作活動について見ることができます。

 

6ハウス

「個人の完成」

生活していくために必要な労働やそれに伴う本人の能力について扱います。

実質的に他人の役に立つ場面。

上下関係など他者の面倒、また本人の健康を見ることができます。

 

7ハウス

「他者」

あなた自身を表す1ハウスの反対側に位置し、パートナーやライバルを表します。

他人の動機に合わせて行動する場面。

配偶者のほか、契約や法律問題についても見ることができます。

 

8ハウス

「他者との関係の保持」

死と性がテーマで、セックスに対する意識や結婚後の生活について扱います。

協力しようとする行動がもたらす効果を実感する場面。

他人からもたらされる財を表し、霊的な才能についても見ることができます。

 

9ハウス

「研究と非日常」

専門的で高等な学問を表し、精神的な成長や信仰のあり方を示しています。

知識や活動範囲を広げようとする場面。

海外や長期の旅行についても見ることができます。

 

10ハウス

「社会」

天職としての職業や名声、地位など、人生における公的な活動全般を表します。

世の中での自分の役割を果たそうとする場面。

その人が到達する最高地点、目指すべきものを見ることができます。

 

11ハウス

「集団の可能性」

他人と共有する幸福、社会の中での貢献などを表します。

世の中の人々との関係を意識する場面。

それを実現するためには希望や理想、一緒に活動する仲間やグループを見ることができます。

 

12ハウス

「秘密と分解」

人生の目的を果たしてたどり着く場所を表します。

世の中の人々との気持ちのつながりを感じる場面。

本人の意識外で動く事柄や隠れた敵、障害、秘密など目に見えない問題を見ることができます。

 

12個に分かれたサインごとの区切りに10個の惑星がいろんな形でちらばっています。

ひとつのサインの中に惑星がたくさん入っている所、まるで入っていない所があります。

12のサインに惑星が10個なので、惑星が入っていないサインが必ずあります。

 

惑星が入っていないハウスは、ハウスを司っている星座に注目します。

その星座の守護星が入っていると考えます。

惑星が入っている時よりも影響は弱まりますが、惑星のないハウスも読み解くことができます。