ホロスコープの惑星

天体・惑星

占星術では、地球を除いた「水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星」に太陽と月を加えた10の天体を使います。

 

年齢域…0歳から7歳

公転周期…およそ28日

象徴…幼児/母親/妻/女性/感情/習慣

守護星…蟹座

 

毎日繰り返すような自分になじんだ感情

過去の体験に基づき、必要なものを集めようとする欲求(感情)

 

表層的な浮き沈みの激しい変化である感情とか日々の気分を表しています。

実は月が示すものは人格の基礎でもあり、これは一生なかなか変わらないものなのです。

 

水星

年齢域…8歳から15歳

公転周期…90日弱

象徴…知性/コミュニケーション/認知力/移動

守護星…双子座、乙女座

 

知性の発達、情報の集め方・広め方

水星は、言語能力と言葉によるコミュニケーション能力なども意味します。

 

水星がアスペクトを持つ天体は、その天体が意味する分野で水星の発達に貢献します。

たとえば土星が水星とアスペクトを作ると、歴史や古い権威のあるイメージへの知的好奇心となり、理解に時間がかかる題材に興味を持ちやすくなるでしょう。

 

金星

年齢域…16歳から25歳

公転周期…225日

象徴…芸術/文化/金銭/倫理/所有物/パートナーシップ

守護星…牡牛座、天秤座

 

個人的楽しみ、趣味嗜好、感性や他人を受け入れる働き

金星は、次々に新しい楽しみを発見し、趣味をバラエティー化しようとします。

金星期では、情感が豊かになり、芸術に感動したり、また恋愛に熱中したりします。

 

太陽

年齢域…26歳から35歳

公転周期…365日

象徴…公的/男性的な要素/父親/夫/健康/生命/権威/地位

守護星…獅子座

 

人生を統括する公的な目的意識

太陽は、自分らしさを表現し、未来を切り開く力(意志)

 

占星術で示す太陽は、人生を創造する力です。

太陽は、自分がどういう方向に発展すればよいかのイメージを提供します。

 

一般的な星座占いというのは、太陽だけを取り出したものです。

たとえば魚座なら、生まれた時に太陽という「天体」が魚座というサインにあったということのみ扱っているということです。

太陽だけだと意味の一部を切り取ったものにすぎず、10分の1くらいを示すだけだと考えましょう。

 

火星

年齢域…36歳から45歳

公転周期…2年

象徴…力/性的なエネルギー/攻撃心/権力/競争力

守護星…牡羊座

 

太陽を境にして、天体のグループは第二のステージに入ります。

第一ステージは、月、水星、金星などの、個人的ないしは感覚的な活動領域です。

太陽は生きるテーマをつくり出します。

第二ステージである火星、木星は、対社会への活動力や心理的な面が育成されます。

 

火星は否定を表しますが、全体を否定し、個人性を高めるという意味です。

次の木星は、全体を肯定し、個人性を弱めるので、火星と木星は対立した性質を持っています。

 

木星

年齢域…46歳から55歳

公転周期…12年

象徴…援助/幸運/発展/成長/善の意識/寛大/容認

守護星…射手座

 

何でもどんどん広げてしまう作用のある天体で、発展と成功の象徴になっています。

火星が「積極的、否定性」ならば、木星は「受動的、肯定性」と定義することができます。

 

土星

年齢域…56歳から70歳

公転周期…29年

象徴…形式/凝固/責任/組織力/限界点/安定性/科学/保守的

守護星…山羊座

 

木星の拡大、増大とは反対の、縮小、制限、枠組みを表します。

土星は、平均的で行き過ぎずという働きを持ちます。

持続力と安定感を与えるのです。

しかし、この平均値が法則だと勘違いされ、例外を一切認めないという頑固さが出てくるかもしれません。

 

天王星

年齢域…71歳から84歳

公転周期…84年

象徴…独立性/組織性/覚醒/オリジナル/占星術/心理学

守護星…水瓶座

 

天王星が発見されたのは1781年です。

天王星には独立性、一部分の改革という意味があります。

これは特定の空間に居つかないという意味であり、精神的な結びつきが無くなるという意味ではありません。

 

海王星

年齢域…85歳以後死に至るまで

公転周期…165年

象徴…液体/芸術/幻惑/幻滅/神秘感覚/曖昧なもの

守護星…魚座

 

海王星は、1846年に発見されました。

海王星は、夢や幻想、無意識、神秘を表す天体だと言われていますが、これらは眠りあるいは忘我状態になることで、未知の印象を受け取ります。

海王星は精神的な面での拡大原理になっています。

海王星の公転周期は人の一生よりも長いので、海王星の表す内容は、個人の日常的な意識では把握しきれないほど深いものだということになります。

 

金星・木星・海王星は、それぞれ限界を超えることを意味する天体なので、常に新しい力を吸い込みます。

海王星は、もっと精神的な面で新しい力を持ち込み、精神の活力を思いっきりリフレッシュします。

夢やロマンに夢中になるのは海王星の作用です。

 

冥王星

年齢域…死の瞬間

公転周期…249年

象徴…地下世界/死と再生/破壊/こだわり/閉鎖性/脅迫/変化/孤独/闇

守護星…蠍座

 

冥王星は、1930年に発見されました。

死と再生、徹底的な改革を表します。

冥王星は、しばしば死と再生という極限性を表していますが、これは太陽系の一番外側に位置していることから出てきた意味です。

 

いつでも意識の中に入ってこられる顕在意識的な範囲でのまとまりのもっとも遠いところを土星が定義しており、無意識を含め関わる範囲の限界を冥王星が示していると考えることができます。

 

天体のグループ

個人の能力

基盤を月を見なし、その上に水星の技能、金星の感受性、目的性の太陽が成長する。

若いうちは、個人の能力を鍛えることに重点が置かれます。

 

社会的な活動

火星が個人能力を高めて、木星は広がりや発展、土星は全体的に余分なものを減らす。

火星が筋肉質化、木星が太る、土星が痩せるイメージ。

社会の中での最終的な達成段階は、土星で考えるとよい。

 

精神的な面

冥王星と海王星と天王星のセットで考えます。

時間の変遷と関係します。