モテるための美しい肌と髪をつくる正しいお手入れ講座

鏡に映る自分の顔を見た瞬間

「あ、老けた」

と思う経験はありませんか?

 

  • シミが濃くなった
  • 顔のくすみを感じた
  • 急に白髪が目立ち始めた
  • 髪が決まらない
  • 入浴時に全身の鏡を見て
  • いつものメイクが似合わない

などなど

 

そんな時は、これまでのケアを見直すチャンスです。

ケアを始める時期は、正しいお手入れ方法を実践すれば何歳からでも大丈夫。

 

老けて見える原因

ぱっと見の印象で老けを感じるのは、40代から。

その変化の原因としては、肌の弾力や髪のコシの低下などが影響します。

 

ハリのあるお肌やコシのある髪には、必ずツヤがあります。

お肌と髪にツヤがあるかどうかが、老けて見えるか、見えないかの大きな要素となるのです。

 

20代は、睡眠不足や食生活などの生活習慣の乱れ

30代は、肌の水分量が低下することによる肌の乾燥

40代は、ホルモンバランスの変動と血行不良

が主な要因です。

 

美肌と美髪をつくる習慣

肌と髪を若返らせるには、

  • 日々のケア
  • 生活習慣

が大切です。

 

日々のケア

美肌、美髪に必要な3要素は、

  • 保湿
  • 睡眠
  • 紫外線カット

です。

 

洗顔

べたつきが気になる20代はしっかり洗顔を。

30代は肌質が変わり、乾燥しやすくなるので肌の状態を見極めて。

40代はお湯で洗うだけで大丈夫です。

 

W洗顔の目的は、メイクをしっかり落としきること。

汚れやヌルつきが残ったままだと肌荒れの原因になるので、洗顔料を使いましょう。

 

スキンケア

コスメは値段で選ぶのではなく、自分の肌や髪に合い、保湿効果が高いモノを使うのが一番です。

乾燥しやすい目元は目じりのシワができるので、アイクリームでしっかり保湿をしましょう。

 

20代は全身保湿

30代は目と口周りのパーツケア

40代は悩みにあった美容液

 

乾燥には保湿効果のある成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン

 

くすみには美白効果のある成分

フラーレン、αアルブチン、ビタミンC誘導体

 

たるみにはハリ効果のある成分

レチノール、EGF、エラスチン

 

下地

最初に色なしタイプの下地を塗り、くりみが気になる目・鼻・口の周りにはカバー力の高い下地を重ね塗りをすると、自然なツヤ肌になります。

 

シミ対策

紫外線カット

肌の老化の原因として、加齢は20%程度です。

原因の80%が、紫外線による老化です。

紫外線カットは何より重要です。

 

紫外線と並んで、シミの原因となるのが、こすりすぎです。

スキンケアはやさしくをこころがけて。

 

洗顔前にはしっかり顔を濡らしましょう。

洗顔料をしっかり泡立てて、やさしく洗いましょう。

 

クリニック処方のビタミン剤でシミを防ぎましょう。

美白効果のあるシナールとトランサミン。

 

すでにできてしまったシミには、美白剤が効果的です。

トラネキサム酸などの美白剤配合化粧品を根気よく使い続けるのがポイント。

より高い効果を求めるなら、皮膚科処方のハイドロキノンもおすすめ。

 

タンパク質

美肌と美髪のもととなるたんぱく質を積極的に摂取することも重要です。

たんぱく質は、1日に30~35g取るのが理想的ですが、豆腐1丁でも20gと、食事だけでとるのは難しいです。

 

朝食代わりにプロテインバーを食べたり、飲み物に混ぜるコラーゲンなどで補うといいでしょう。

 

良質な睡眠

就寝前はコンブチャ。

腸内細菌が活発になる夜に飲みます。

腸内環境が整うと睡眠の質が高まるという研究報告もあります。

 

ブラッシング

頭皮に刺激効果のあるブラッシング。

入力前に髪をとかすと、マッサージ効果もあり血流がアップ。

汚れを浮かし、絡まりもとれて、しっかり洗うことができます。

 

頭皮マッサージ

頭皮の血行をうながすと、美髪が育ちます。

頭皮の血行が滞ると、髪が抜けたり、コシがなくなったりする原因になります。

意識してマッサージすることで、疲れがとれてリフレッシュにもなります。

 

トリートメント

洗い流さないトリートメントでヘアケア

 

抗糖化対策

食前にお酢を飲むと、老化物質AGEを作りにくくすると言われています。

 

血流UP

見た目年齢は、血管年齢と比例します。

適度な運動は筋肉量を維持し、血管年齢を若々しく保ちます。

高額な美容液よりも運動の方が効果が大きいです。

 

腹筋や背筋に効くアブローラー。

スキマ時間に運動することで、血流が良くなり、体幹が鍛えられるので、姿勢も良くなります。