クンツァイトの意味と効果

クンツァイトの基本情報

クンツァイトは、1902年にカリフォルニア州で発見されたピンクストーンです。

1902年にこの天然石を報告したG・F・クンツにちなんでクンツァイトと名付けられました。

 

結晶の縦方向に平行に走るチューブ状インクルージョンや割れ目がよく見られます。

 

クンツァイトの色

ピンク

 

石の成分はマンガンで、ピンク、明るいバイオレット、ピーチピンクなど愛らしい色です。

味わいのある光沢も見られます。

 

クンツァイトの産地

ブラジル、マダガスカル、アメリカ

 

クンツァイトの取り扱い

クンツァイトは、欠けたり割れたりしやすい宝石なので、取り扱いには注意が必要です。

カットや研磨が難しいため、質の高いビーズはとても希少です。

石の色を最大限に活かし、石留めの際に割れる心配のある尖った角を作らないように、エメラルドカットやステップカットが用いられます。

 

クンツァイトのストーリー

クンツァイトは、ふんわりとした優しい波動を持つ石です。

過去の悔いや未来への不安を払しょくし、気分を晴れやかにさせ安心感を与えるエネルギーを持っています。

 

クンツァイトのキーワード

  • 慈愛
  • 気高さ
  • 優美

 

クンツァイトはこんなときにおすすめ

  • デートのとき
  • 慈悲深い気持ちを持ちたいとき
  • 血液の浄化

 

クンツァイトの浄化方法

月光浴、香り、水晶

流水による浄化は避け、太陽光に弱く衝撃で割れやすいので注意。