ラリマーの意味と効果

ラリマーの基本情報

1974年にドミニカで発見され、1985年にアメリカの宝石商がカリブの宝石として売り出したのが始まりです。

ラリは女の子の名前でマールはスペイン語で海を意味します。

 

アンバー、コンクパールとともにカリブの三大宝石と言われています。

 

ラリマーの色

水色、青緑、グレー

 

まるで海や空が写りこんだようなブルーです。

バナジウムの含有によって発色するペクトライトの一種でブルーペクトライトとも呼ばれています。

ブルーが濃くて、模様が鮮明なラリマーが高品質として扱われています。

 

ラリマーの産地

ドミニカ共和国

 

ラリマーのストーリー

怒りを鎮めたり争いを治めたりと調和へと導くことで平和的解決をもたらす力があります。

ホルモンの分泌を良くするという効果もあります。

若い人には成熟した思考、年配者には若々しい好奇心を与えるヒーリングストーンです。

 

海外では、ラリマーは以下のような効果があると信じられています。

  • 1974年に発見され、比較的に新しいスピリチュアル・ストーンのラリマーは新しい時代への扉を開き、地球の進化を加速する石と言われています。
  • 愛と平和に満ち溢れ穏やかなエネルギーを持つ
  • より深い瞑想のステージへ導いてくれる
  • 肉体と魂の調和を助ける
  • 魂を囚わられた結界から解放し、人生において進むべき道へ導く
  • ソウルメイトをさがしているひとに最適とされる。また、前世からの関係改善や心のトラウマを癒す。
  • 自ら作り出した壁をなくす。自傷行為改善。自分の人生をコントロールできるようにサポート
  • 最悪感や恐怖を取り除く
  • ストレスや免れない変化を冷静に立ち向かえるようにサポート
  • 創造性を刺激し、前向きで穏やかに物事を流れに乗って進められるようにサポート
  • 心に穏やかさと平静さをもたらし、激しい感情起伏や二重人格の改善。
  • 心のトラウマを癒し、子供のような無邪気な喜びや陽気さを取り戻す。
  • 母なる地球との繋がりを深くし。女性に本来の女性らしさを取り戻すようにサポート。自然とのつながりを強くする。
  • 地面に置くことで、地球エネルギーのアンバランスや環境からのマイナスエネルギー弱めることもできる。

 

ヒーリングクリスタルとして、

  • 第三の目、ハートセンター、頭頂部、のどのチャクラを活性化し、自己治癒力を高める。
  • 胸元、頭、首の「気」のつまりを解消
  • 痛みを感じる部分に置いて、痛み緩和
  • 足マッサージに使用

 

ラリマーのキーワード

  • 協調
  • 平和
  • 若さ
  • 自然

 

ラリマーはこんなときにおすすめ

  • 若々しさを取り戻したいとき
  • 協調性を持ちたいとき
  • 平和を願うとき

 

ラリマーの浄化方法

月光浴、香り、水晶

水、太陽光、強い光に注意。